かんさつがん

お絵描きについて考えたことを中心に書いていきます

輪郭線紹介 その0(折り目)

今回紹介する輪郭線は「折り目」です。

ありきたりな普通の輪郭線ですので名前を紹介するだけです。

多少視点を移動しても見え方はあまり変わらないという特徴があります。

この特徴の印象が強すぎるため、全ての輪郭線を一筆書きで描いてしまうような傾向を強めてしまっているのだと思います。

次に「折り目」の見え方を具体的に紹介します。

不透明な素材でも透明な素材でも見え方は変わりません。 

折り目

 

f:id:boku_masakun:20161225201522j:plain

f:id:boku_masakun:20161225201604j:plain

 

大晦日まで待ち遠しい

12月31日 23時30分からAbemaTVで『「君の名は。」大ヒット記念!新海誠監督作品一挙年越しSP』が放映されるみたい。

 

ありがたや。ありがたや。

國府田マリ子さんのクリスマスツイキャス

今日はファンクラブ会員限定のマリ姉のツイキャス開催日。忘れないようにせねば。

 

クリぼっちにとってはありがたいイベントだよ。

 

へた絵について考えてみた

自分は絵がうまく描けないので、どうしたら絵がうまく描けるのだろうかとか、なぜうまく描けないのだろうか、ということをよく考えます。

当然のことですが、絵を上達しようと思うなら、日々たくさんの絵を描き続けることが必要ですが、それとは別に、うまく絵を描けない原因として対象物をありのままにとらえることができていない、つまり、知らないうちに色眼鏡ごしに対象物を見ている、思い込みで対象を描いているということもあると思います。

実際にへた絵を見てみて、そのような傾向について考えてみたいと思います。

芸能人が描いたへた絵を見てみる

検索サイトから次の検索ワード「下手絵 芸能人」を検索してみるといろいろ有名人が描いたへた絵が見つかります。典型的と思うへた絵としては以下のような絵があります。

http://img02.ti-da.net/usr/maron1111/DSC_0665-1.jpg

http://img02.ti-da.net/usr/maron1111/DSC_0665-1.jpg

このへた絵は輪郭線が一筆書きで描かれているということが特徴となっています。

この他にもいろいろなへた絵が検索結果から見られますが、一般的なへた絵には以下のような傾向があるように思います。

  1. 輪郭線がなるべく途切れないように描かれている。
  2. 一つの物体をなるべく一つの輪郭線で描こうとしている。 

これらは輪郭線の見え方についての間違った思い込みであることを次に示します。

滑らかな曲面の輪郭線でも途切れて見えることはある

ここでは具体的な例を示すだけにとどめておきます。今回示すものはカスプと呼ばれるものです。

最初の画像は不透明な材質での見え方です。輪郭線が途切れて見えています。

もう一つの画像は透明な材質でのカスプの見え方です。輪郭線が隠れている面の方に続いているのが見えます。

カスプ

 

f:id:boku_masakun:20161223150428j:plain

 

f:id:boku_masakun:20161223150500j:plain 

一つの物体を形作る輪郭線は増減する

 こちらも具体的な例を示すだけにとどめます。二つの球をくっつけた雪だるまの形を頭に思い浮かべてみてください。正面からみると輪郭線は一つしかありませんが、視点を移動して、雪だるまの上から下を覗き込むように見た場合は輪郭線が三つ見えるようになることがわかります。

透明な素材の場合 

f:id:boku_masakun:20161223153532j:plain

f:id:boku_masakun:20161223153611j:plain

不透明な素材の場合

f:id:boku_masakun:20161223154231j:plain

f:id:boku_masakun:20161223154258j:plain

 

へた絵を描いてしまう原因はたくさんあると思いますが…

このブログでは輪郭線の見え方や輪郭線の見え方の変化を中心に書き綴っていきたいと思います。